初期キャラシート(新米GMと行くルキスラ周辺冒険記)

—————–キャラシート—————–
名前:ウィル・ウェントゥス
種族:エルフ 性別:男 年齢:19 生まれ:操霊術士
能力値ダイス:技9 体4 心13 A11 B7 C5 D9 E6 F4 
最終能力値:器用度20 敏捷度16 筋力9 生命力13 知力19 精神力17
保有経験点:0
合計名誉点:0
保有名誉点:0
HP:19 MP:23
冒険者技能:コンジャラー2 セージ1 スカウト1
言語:話 公益共通語 エルフ語 魔法文明語 汎用蛮族語
言語:読 公益共通語 エルフ語 魔法文明語
戦闘特技:魔法拡大/数
■装備
武器:
鎧 :
盾 :
■装飾品
頭 :
耳 :
顔 :
背中:
右手:魔法の発動体
左手:疾風の腕輪
腰 :
足 :
他 :
所持品:スカウト用ツール
所持金:0G

経歴表:
①才能を絶賛されたことがある
②自慢できる二つ名を持っていた
③家族から探されている

へたれエルフ。才能にあふれ、家族に期待されていた。
が、その精神力の低さから家族から与えられるスパルタ教育に耐え切れず家出
とりあえず実家から離れたい一心で家出したため目的地も特になし。
危険なことには首をつっこみたがらず、いつも及び腰。しかしいばれそうなときはとことん威張るという小物臭が素敵なエルフ。
回復に補助、探索技能に智識技能と完全に便利屋ポジション


名前:ラキエータ
種族:人間 性別:男 年齢:18 生まれ:狩人
慎重: 高めcm 体重: それなりkg 髪の色 エンジ色 瞳の色 ダークブラウン 肌の色 普通
能力値ダイス:技9 体7 心5 A10 B6 C10 D11 E9 F6 
最終能力値:器用度19 敏捷度15 筋力17 生命力18 知力14 精神力11
保有経験点:500
合計名誉点:0
保有名誉点:0
HP: MP:
冒険者技能:シューター2 レンジャー1 セージ1
戦闘特技:精密射撃
■装備
武器:ヘビーボウ
鎧 :ハードレザー
盾 :
■装飾品
頭 :
耳 :
顔 :
背中:矢筒
右手:
左手:
腰 :矢筒
足 :
他 :
所持品:大猪(500G相当のフレーバー)、矢24本
所持金:80G

経歴表:
①のめり込む趣味がある
②何かの大会で優勝した事がある
③恥ずかしい二つ名を持っている

田舎出身の人間の狩人。性格的には常識人だか山暮らしだったため物知らず。
師匠と呼んでいる人物がいるらしく、弓の技術はその師匠から学んだ。
大猪をしとめ、少しでも高く売ろうとディザをめざす。
かなりハイスペックな人間だが、現時点では遠くから弓を放つぐらいしかできない。
ちなみに大猪はオリジナルのフレーバー。Gあまったのでキャラ付けで作った。
所持金を500G減らして、売ったら500Gになるってことにした。


名前:オーグ
種族:リルドラケン 性別:男 年齢:50 生まれ:戦士
慎重: 240cm 体重: 180kg 鱗の色 水色
能力値ダイス:技5 体14 心6 A1 B6 C10 D11 E1 F4 
最終能力値:器用度7 敏捷度12 筋力24 生命力25 知力7 精神力10
保有経験点:
合計名誉点:
保有名誉点:
HP:31 MP:10
冒険者技能:ファイター2 ライダー1 エンハンサー1
戦闘特技:全力攻撃
練技:ビートルスキン
騎芸:攻撃指令
■装備
武器:ヘビーメイス
鎧 :チェインメイル
盾 :
■装飾品
頭 :
耳 :
顔 :
背中:
右手:
左手:
腰 :
足 :
他 :
所持品:冒険者セット(背負い袋、水袋、毛布、たいまつ6本、火口箱、ロープ残り10m、小型ナイフ)
所持金:10G

経歴表:
①知り合いに生き返った人が居る
②何かの大会で優勝したことがある
③血縁者と死別したことがある

ドラゴンの里で剣闘士として大会や闘技場に出場する日々をすごしていた。
大会の優勝金で親戚一同で旅行に行っているときに蛮族に襲われそのほとんどが死んでしまう。
その中の何人かは蘇生してもらったが、妻や息子などに穢れを持たせることができず家族と言えるものはいなくなってしまった。
自由の身となったオーグは、昔憧れを抱いていた冒険者となり新しい人生を歩むことにした
達観した性格をしており、よく周りを茶化したり、つっこんだりしてる。
このパーティー唯一の前衛。



GM:というわけで、キャラを作ってきてもらったわけですが。
なんというか、役割分担がはっきりしてますね。

PL1(以降ウィル):まぁ、3人PTなんで余分な技能取ってる余裕ないし。

GM:とか言ってる横でファイター兼ライダーがいますが(笑)

PL3(以降オーグ):いやいや、騎獣がいれば俺一人でもある程度敵を止めれるんよ?
前衛一人ということを考慮したうえでよ。

GM:むむ・・・なんかそういわれると最良な選択な気がしてきた。
というか、家族と死別てなんか重いキャラですね。

オーグ:適当にきめたんでそこらへんぜんぜん考えてないけどね(笑)
適当にセッションに組み込んでください。

GM:なんというwで、ラキエータなんですが。なにこのハイスペック

PL2(以降ラキ):はじめてのキャラ作りなんで、生まれもさいころで決めたんだけど
サイコロの目が走りまくりだな。

ウィル:全体的に高いですからね、今はシューターですが、後々好きなように成長させれそうです。

オーグ:盾になる道しかない俺とは大違いだ(笑)

GM:師匠がいるらしいですけど、設定って決まってます?

ラキ:なんも考えてない(笑)
GMのほうで適当に拾ってください。

GM:了解了解。設定が生えてきたらそれとなく伝えてください。あとウィルの家族の設定とかは・・・

ウィル:適当に拾ってください(一同笑)

GM:全員ぶんなげかwならわたしの好きなように使うぞ?いいんだな?後悔しても知らんぞ?

全員:いいでーす

GM:ちくしょー、絶対後悔させてやる

GM:さて、これからソードワールドの世界を探検していくわけです。
わたしはもちろん全員ソードワールドをプレイするのは初めて、ラキエータにいたってはどんなものか把握すらしていません。

ウィル:なんかものすごい不安になってきた(笑)

GM:まぁ、なんとかなるでしょう。ということで冒険をはじめましょう!


Post a comment on "初期キャラシート(新米GMと行くルキスラ周辺冒険記)"

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">