ファイルサーバーを移行する、コピーする、ミラーリングする(robocopy)その①

ファイルサーバーの移行をすることになり、いろいろと調べてみた結果、robocopyを使用して移行することにした。
robocopyはWindows Vista, Windows Server 2008からは標準で搭載されているコマンドで、堅牢なファイルコピーを実現するものだそうだ。
Windows XP, Windows Server 2003の場合は、Windows Server 2003 Resource Kit Toolsを導入すれば使用することがでる。

XCOPYにない利点として次のことがあげられる。
・ファイル名のフルパスが256文字以上でもOK
フルパスで256文字以上になると、エラーとなりスキップされる。
が、robocopyコマンドは約32000文字まで対応できるそうだ。

・アクセス権限をそのままコピー可能
ファイルのコピー後にアクセス権限の設定しなおしなどが発生するが
robocopyコマンドはオプションに/COPYALLを付けることによってアクセス権限を含めた全ての属性情報をコピーできる。
さらにアクセス権限のみのコピーなども可能だ。

・完全なミラーリングが可能
xcopyでは元フォルダにないデータを移行先から消すということができない。
つまりリネームしたりするとどんどんゴミファイルが増えてしまう。
が、robocopyではミラーリングコピーが可能であり、ゴミファイルを残さない。
さらにゴミファイルを消すだけということもできる。

構文例やオプションの説明はまた今度別の記事にて記載する予定。
かなり便利な機能なのでしっかりかくぞー

どりる のりお の紹介

大阪在住の社会人 趣味は広く浅くをモットーにいろいろなことに手をだしています。 当サイトはリンクフリーですのでどんどんリンクしてください。
カテゴリー: Windows, 技術メモ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">