WindowsUpdateログを消してPCを軽くする。

WindowsPCのメモリリソースとHDD容量を圧迫するWindowsUpdateログ。
これの削除方法をメモします。

まずなぜWindowsUpdateログがあると重くなるのかというと…
Windowsでは「wuauclt.exe」というプログラムが常駐で動いているわけですが、こいつはWindowsのアップデートを自動で確認しにいくというシステムです。
動きとしては更新履歴をもとに最新アップデートを監視しているわけですが
長くWindowsPCを使っていると更新履歴がどんどん肥大化していき(私の会社PCだと170MBもありました)その大きなファイルをことあるごとに見に行くわけなのでどんどんPCが遅くなっていくというわけです。
さらに、制限なしに肥大化していくのでHDDも圧迫します(まぁ昨今のHDD容量的に微々たるものですが…)

ということで、このログを消しちゃいましょうというのが今回のテーマです。
消し方は

1.Automatic Updates(自動更新)サービスを停止する。
  Windows の [スタート] メニューをクリックします。
  マイ コンピュータを右クリック、管理を選択
  サービスとアプリケーションを展開
  サービスをダブルクリック
  [Automatic Updates] (自動更新)サービスを右クリックします。
  [停止] をクリック

2.DataStore フォルダの内容を削除
  Windows の [スタート] メニューをクリックします。
  [ファイル名を指定して実行] をクリック
  [名前] ボックスに「%windir%\SoftwareDistribution」と入力します。
  [OK] をクリック
  DataStore フォルダを開きます。
  DataStore フォルダのすべての内容を削除

3.Automatic Updates(自動更新)サービスを開始
  1.と同じ要領でサービスを開く
  [Automatic Updates] (自動更新)サービスを右クリック
  [開始] をクリック

これでちょっとでもPCが軽くなれば幸いです。

どりる のりお の紹介

大阪在住の社会人 趣味は広く浅くをモットーにいろいろなことに手をだしています。 当サイトはリンクフリーですのでどんどんリンクしてください。
カテゴリー: Windows, 技術メモ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">