SQLServerで論理バックアップデバイスをファイルサーバに指定したときに起きるアクセス権限の不足によるエラーの対処

自分が管理しているSQLServer2008のバックアップの設定をしようとして起きた問題の対処方法を書きます。

バックアップ先をファイルサーバー上にしようとして、論理バックアップデバイスをファイルサーバのパス指定した際に「バックアップファイルの場所が存在するかどうか確認できません。このバックアップファイルの場所を使用しますか?」というメッセージが出て、そのままバックアップすると

バックアップ デバイス ‘test(\\******\*****\b.bac)’ を開けません。オペレーティング システム エラー 5(アクセスが拒否されました。)。
メッセージ 3013、レベル 16、状態 1、行 1
BACKUP DATABASE が異常終了しています。

というエラーが出力される。

ちなみに↑のエラーメッセージはSQLserver2008のもので2000とか2005なら

サーバー : メッセージ 3201、レベル 16、状態 1、行 1 バックアップ デバイス ‘E:\pubs.dat’ を開けません。デバイス エラーまたはデバイスがオフラインです。詳細については、SQL Server のエラー ログを参照してください。サーバー : メッセージ 3013、レベル 16、状態 1、行 1 バックアップまたは復元操作が異常終了しました。

とかそんな感じのエラーになるらしいです。

まぁ、エラー内容的にファイルサーバへのアクセス権限の問題なんだろうがどこでユーザ設定するのだろうと思って調べたら対処方法でてきた。

簡単にいうとSQLserverのサービスをアクセス権限を持つユーザで起動してやれば問題ないらしい。
管理ツールからサービスを開き、SQLserverのサービスを右クリック。
起動するユーザを指定して、再起動すれば問題解決です。

詳しい内容はマイクロソフトサポートにも記載されていますのでそちらも参考にしてください。

これで一件落着。

どりる のりお の紹介

大阪在住の社会人 趣味は広く浅くをモットーにいろいろなことに手をだしています。 当サイトはリンクフリーですのでどんどんリンクしてください。
カテゴリー: SQLServer, 技術メモ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">